自分でやるのは危険やガレキ選別作業は専門業者にお任せ

廃棄物を正しく再利用

おもちゃ

環境保護への配慮を

建設現場や解体現場から出たガレキには、コンクリートの破片だけでなく、木くず・紙くず・プラスチックくず・金属くずなどが混入しています。ガレキ選別業者に依頼すれば、それぞれを資源として再生利用することができます。たとえば木くずや紙くずは再生紙に、プラスチックくずは再生プラスチックや燃料として、金属くずは溶かして金属材料に使われます。またコンクリートの破片はふるいにかけて大きさを揃え、舗装用の砕石として利用できます。ガレキ選別業者は産業廃棄物や一般廃棄物の収集運搬業の許可を持っている必要があります。正規の許可を受けた業者は、最終処分場に至るまで廃棄物を適正に管理し、その記録を残します。許可を受けていないガレキ選別業者は、不法投棄によって環境を汚染する恐れがあります。そのような業者に依頼した側も、コンプライアンスが不十分であるとして社会的に批判される可能性があるので要注意です。ほかにも取り扱う廃棄物の種類に応じて、金属くず回収業や古物商などの免許が必要な場合があります。営業に必要な免許ではありませんが、ISO14001やISO9001の認証を取得しているかどうかは、ガレキ選別業者を選別する目安のひとつになります。ISO14001は環境マネジメントシステム、ISO9001は品質マネジメントシステムで、環境保護に貢献する企業が取得できます。地球環境保護のためにも、廃棄物の適正処理に配慮することが大切です。