自分でやるのは危険やガレキ選別作業は専門業者にお任せ

ガレキの多くが再利用

解体工事

リサイクル製品になるまで

建築物や構造物の解体によって大量に出るガレキは、その大半が選別後にリサイクルされます。何に生まれ変わるかと言うと、再生クラッシャランと呼ばれる路盤材の再生砕石というのが一般的です。ガレキ選別後、リサイクル製品として路盤材や骨材が役立てられる場所の多くが、公共工事です。また、コンクリート製品に生まれ変わることもあります。リサイクル製品にするには、決められた粒度や強度にしなければいけません。さらに、分級を細かくすることでプラスアルファの価値がつくことがあります。ガレキ選別した後のリサイクル製品は安価ですが、重量があるので長距離の輸送には不適当です。したがって、需要と供給のバランスが地域によって差があることも少なくありません。ガレキはセメントと骨材となる石や砂利、アスファルトが材料です。解体してすぐにはリサイクル素材にならないので、細かくして選別する必要があります。ガレキ選別方法は、まず一時破砕として重機や破砕機を使ってコンクリートくずを叩き割って、鉄骨なども取り除きます。二次破砕も破砕機で砕き、金属類を除去するのに磁力選別機も用います。最後はふるいにかけて分級及び粒度を調整し、再度磁力選別機による金属類除去です。ガレキ選別するふるいは、スクリーンを使って振動で選別する方法や風力を用いた方法などがあり、新しい方法には円回転で選別する機械もあります。コンクリートだけでなく、様々な素材を選別できる機械が以前よりも増えています。