自分でやるのは危険やガレキ選別作業は専門業者にお任せ

使えるものはリサイクル

解体工事

日本においては、近年多くの地震が発生しています。例えば、大きな地震・津波などによる被害が発生した場合、家屋からガレキが発生します。大量のガレキは、生活の妨げになったり、そのまま処分するのは難しかったりするのです。そこで、「ガレキ選別」という作業を行うことが必要となります。ガレキ選別とは、ガレキの中から再利用できるものを見分ける作業のことです。ガレキをそのまま廃棄物処理場に持ち込んでも、受け付けてもらうことはできません。そして、ガレキ選別は自分だけでは危険な作業となることもあります。そのため、専門の業者あるいは専門家に依頼して作業を進めるということが必要になります。ガレキ選別には、人の力だけでなく重機などの機械も使うことで効率的に進めていくことが可能となります。また、安全に、そして確実に作業を進めていくためには業者に依頼するということも大切です。そして、もう一つガレキ選別が注目されている理由があります。それは、環境への配慮です。これまで、ガレキは埋め立て地の作成などにおいて活用されてきましたが、近年ではそれにも限界が出てきました。また、ガレキ選別の際、そのガレキの中には鉄くずや木材、化学薬品などが混じっているため、火災の原因になることもあります。また、海に流れ込んだ場合、そこに住む魚などの生物にも影響を与えます。だからこそ、ノウハウや技術を持った専門業者への依頼が必要不可欠となります。また技術がある企業であれば、専門業者から重機のみレンタル、購入をしてガレキ選別を行なうという方法もあります。状況に応じて、どちらにするかを決めましょう。

ガレキの処理方法

産業廃棄物

ガレキ選別とは、解体や災害で発生したガレキを適切な方法で処理することです。廃棄するもの、リサイクルするものに分けることで環境を守ることが出来ます。都道府県ごとに認定を受けた業者などに相談するか、または専用機械のレンタルなどをして適切に処理しましょう。

ガレキの多くが再利用

解体工事

建築物などを解体して出たガレキは、ガレキ選別及び破砕後に路盤材として生まれ変わります。その方法は、重機や破砕機などで細かくし金属類も取り分けて、さらに細かく砕いていきます。決められた粒度等に仕上がれば、リサイクル製品の完成です。

廃棄物を正しく再利用

おもちゃ

ガレキ選別業者を選ぶときは、廃棄物処理業の正式な許可を受けているか確認することが大切です。取り扱っている廃棄物によっては、それ以外の免許も必要になります。またISOの認証は優良な業者の目安になります。